ふくしまみらいチャレンジプロジェクト
今から1300年前から伝わる「小手姫伝説」という昔話をルーツに持つ「絹の里・川俣町」が世界に誇る川俣シルク。地域の工芸品として育まれてきた川俣シルクは、今では世界的デザイナーからも注目を集めている絹織物で、そのポテンシャルは世界中が認めています。
この川俣シルクをもっと広く世界中に広める一つのきっかけづくりとして、最先端のアーティスト、そして世界的デザイナーの力を借りて、織物商品からアーティスティックな作品へと昇華させた未知の領域へ挑戦します。