ふくしまみらいチャレンジプロジェクト
大堀相馬 焼の窯元は東日本大震災により、新天地への移転を余儀なくされ、各地の窯元は、新しい地域と共存しながら、 新たなブランド へと生まれ変わろうとしています。これまでの、地域の お土 産品から、生活 に彩りを加える 器の開発に日々挑戦しています。今回はその中でも、あさか野窯、京月窯、いかりや商店が、それぞれの個性を生かし、食卓 の名脇役として新た なステージに立てるよう 、思いを込めて作陶した器をぜひご覧ください。
  • あさか野窯
    福島県 郡山市 中野
    • ・ 【 岳堂窯 】 の 16 代目で、 2014 年 5 月に郡山へ移転 した際に、新たに地域の名を冠した【 あさか野窯 】 設立し事業を再開した。
    • ・大堀相馬焼の技法と、新天地である郡山の粘土を融合 した作品や、様々なバリエーションのしのぎシリーズなどのラインナップを開発。
    • ・独自開発した【 ル・モンペ 】 シリーズ、第 28 回テーブルウェア大賞オリジナルデザイン部門佳作入選の【 combination 】 シリーズなど新しいラインナップを発信し続けている。
  • いかりや商店
    福島県 白河市 大信増見( 2021年3月より白河市南湖)
    ・【 いかりや商店 】 の 13 代目で、 2013 年 12 月、白河市に移転 し仮設工房で事業を再開、2021 年3月に南湖にて新店舗がオープン予定。 ・和風総本家などでも気鋭の作り手として紹介され、細やかで細部 までこだわった繊細なエッジの器などが特徴。 ・伝統技法を、現代版にアレンジ、発展させた【 白相馬 】 シリーズは上品で繊細な貫入が特徴で、料理をアレンジしやすく配慮している。 ・再移転する南湖の情景と融合した新しい大堀相馬 焼も提案している。
  • 京月窯
    福島県 福島市 飯坂町
    • ・【 近徳京月窯 】 の 15 代目 で、現在では数少ない女性の 窯元。 2011年12 月に築 120 年の古民家を改装したギャラリー兼工房で 再開した。
    • ・女性 らしさを 前面に 出した、細やかな意匠や彩り ある作風が 特徴。
    • ・天平の甍(てんぴょうのいらか )、桃緑 (とうりょく 、紫彩(しさい)シリーズなど、独自に釉薬を 調合し、全て釉薬と炎が織りなす、一点物の豊かな表情を もつ。
    • ・ギャラリーは、お客様が気軽に立ち寄れる雰囲気をし出して いる。
  • あさか野窯
    福島県 郡山市 中野
    • ・ 【 岳堂窯 】 の 16 代目で、 2014 年 5 月に郡山へ移転 した際に、新たに地域の名を冠した【 あさか野窯 】 設立し事業を再開した。
    • ・大堀相馬焼の技法と、新天地である郡山の粘土を融合 した作品や、様々なバリエーションのしのぎシリーズなどのラインナップを開発。
    • ・独自開発した【 ル・モンペ 】 シリーズ、第 28 回テーブルウェア大賞オリジナルデザイン部門佳作入選の【 combination 】 シリーズなど新しいラインナップを発信し続けている。